シルクロードの東の終着点 歴史とロマンあふれる木更津・君津の里で生まれたケーキ

 七五三のケーキ


     エル・プランタン
木更津の七五三


      
      

     
トップページ お店の紹介 お菓子の種類 材料にこだわる 職人のこだわり アクセス・地図お問い合わせ
 
 

  七五三のお祝いケーキ

七五三はエル・プランタンのケーキでお祝い下さい
 生クリーム、苺などの果物、スポンジ・タルトなどの素材を大事にし、
 伝統技法にこだわり続けながら
 たゆまぬ創意工夫を大切にしています。

  エル・プランタンのケーキで新鮮な発見と驚きを味わって下さい

  七五三はケーキでお祝いを

 七五三のキャラクター承ります
 
  
   
 

  七五三のケーキ

  
  
    
         
    
         

  
  
    
         
    
         

  
  
    
         
    
         

   
          
           
       
       
             

          
             
              
         
          
              

  七五三のお祝い

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事で、11月15日に行われます。
 現在では全国で盛んに行われていますが、元来は関東圏における地方風俗であったようです。 その後、京都、大阪でも行われるようになり、しだいに全国に広まりました。
 現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ、そうなりつつありますが、実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだため、本来の神事の内容が薄れ、同じ行事のように思われています。現在でも地方によって年齢や祝う内容が異っている場合があります。
 発祥とされる関東地方では、以下のように考えられています。
 数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行います。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀式です。  数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行います。男子が袴を着用し始める儀式です。
 数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行います。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式です
。  3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りです。 現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあるが和服の方が多い。少女(極稀に少年)は、この時に初めて化粧をして貰います。最近では性別問わず三回すべて行う例もあります。 奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もあるようです。

Copyright © 2014 フランス伝統菓子 エル・プランタン All rights reserved.
by 山本企画/企画・制作