シルクロードの東の終着点 歴史とロマンあふれる房総の里で生まれたケーキ

   エル・プランタンの


       母の日の贈り物 プレゼント

木更津市のケーキ屋エル・プランタン

                     
     
トップページ お店の紹介 お菓子の種類 材料にこだわる 職人のこだわり アクセス・地図ご注文
on Line shop
 
   【営業日情報は「営業日カレンダー」へ】
 

  エル・プランタンの母の日のケーキ 贈り物

 母に感謝の気持ちをあらわす日です。5月第二日曜日。Mother's day.





母の日のケーキご予約のページへ
        
☆母の日のデコレーションケーキとギフト
・母の日のケーキの予約を承ります。
・母の日のラッピングを承ります。スタッフにお申し付け下さい。
 いずれも母の日前は混雑することが予想されますので、お早めのご予約と事前精算にご協力お願いします。
生デコフルーツケーキ
 
デリス・ルージュ


レアチーズルージュ


母の日の贈り物:焼き菓子ギフト各種


 エルプランタン
西洋サクランボとピスタチオのキャラメリゼ、そして香りの高いチョコムース。見た目も優雅な逸品
  カフェモカ
コーヒーの香りにチョコレートとくるみがアクセントのバタークリームケーキ
トロワショコラ
3種類のチョコレートを重ねた深い味わいの伝統菓子。美しい姿と、重厚なチョコレートムースをお楽しみ下さい

  苺ショート
北海道産の生クリームを使った、口の中でとろけるショートケーキ
 生チョコレート
生チョコ入りの滑らかなチョコレートケーキ
デリス・ルージュ
赤いフルーツの果汁たっぷりのさわやかなケーキです。

パウンド・フルーツ
ドライフルーツをふんだんに練り込んだ贅沢パウンド
マドレーヌ
はちみつとレモンの香りのしっとりマドレーヌ
黒糖と大納言のマドレーヌ
黒糖生地に大納言が入った「和」のマドレーヌ

フィナンシェ
焦がしバターの香りが上品な伝統的な製法にこだわったフィナンシェ
キャラメルリンゴ・フィナンシェ
しっとり生地とキャラメリゼ・リンゴが美味しいフィナンシェ
ケークショコラ
アーモンド生地に焦がしバターとチョコレートのリッチなケーク

母の日の語源由来
1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死に遭遇したことで、生前に母を敬う機会を設けようと働きかけたことに由来するそうです。 やがて、この働きかけがアメリカ全土に広まり、1914年には当時の大統領「ウイルソン」が、5月の第二日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日となり、 アンナの母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾るようになり、カーネーションを贈る習慣へ変化していきました。
 このほか、古代ローマ時代、神々の母リーアに感謝する春祭りからとする説や、17世紀のイギリスで「復活祭(イースター)」の40日前の日曜日を「マザーズ・サンデー」とし、母親と過ごすために出稼ぎ労働者を里帰りさせていたことに由来する説もあります。
 日本では、明治末期頃に行われはじめ、1915年(大正4年)に教会で行われてから、一般にも少しずつ広まっていき、1937年(昭和12年)に森永製菓が告知したことで全国的に広まったと言われています。
 また、昭和初期から戦後しばらくの間は、当時の皇后陛下の誕生日であった3月6日が「母の日」とされていたそうです。
 参考文献
 語源由来事典 Lookvise inc.
Copyright © 2014 フランス伝統菓子 エル・プランタン All rights reserved.
by 山本企画/企画・制作