シルクロードの東の終着点 歴史とロマンあふれる房総の里で生まれたケーキ

  エル・プランタンの

      マカロン

木更津,君津,アクアライン,房総のお土産

                     
     
トップページ お店の紹介 お菓子の種類 材料にこだわる 職人のこだわり アクセス・地図お問い合わせ
 
 
 

  マカロン

 マカロンには色々な種類がありますが、単にマカロンと言えば、固く泡立てたメレンゲに砂糖、アーモンドパウダーを加えて混ぜて焼き上げた柔らかな2枚の生地にクリームやジャム、ガナッシュをはさんだパリ風マカロン(マカロン・パリジャン、macaron parisien)のことを指します。 正式にはマカロン・ムー(macaron mou、「柔らかいマカロン」)と言います。パリ風マカロンは、パリにある「ラデュレ」菓子店の経営者ピエール・デフォンテーヌが、1930年に2枚のマカロンにジャムやクリームをはさんで売り出したのが始まりといわれています。             
 1個\210.-(税込227.-)
  
 ラズベリー、レモン、ピスタチオ、チョコレート、キャラメルの5種類あります。
 マカロン6個ギフト
 

Macaron
  マカロン
 修道院で作られたお菓子が、いまやファッショナブルなマカロンに
 フランスでは、さまざまな地域でそれぞれのマカロンが作られています。しかし、そもそものマカロンの発生はイタリアであり、8世紀には作られていたといわれています。このお菓子をフランスに伝えたのは、16世紀にアンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスとのことです。
 地方のマカロンの中でとくに有名なのはロレーヌ地方のナンシーのマカロンです。17世紀初頭ナンシーではカトリーヌ・ド・メディシスの孫、カトリーヌ・ド・ロレーヌが修道院を建立。しかし、その後彼女は病に倒れる。同僚たちが彼女のためにとかってカトリーヌ・ド・メディシスがお抱え菓子職人に作らせ、ロレーヌのためにと持ってきた故郷ベネチアのマカロンを再現し、食べさせたそうです。それが現在のナンシーマカロンの起源といわれています。
Copyright © 2014 フランス伝統菓子 エル・プランタン All rights reserved.
by 山本企画/企画・制作